好印象を与える求職者はほぼ例外なくフォーマルな体裁であるとされています。

面接で心掛ける作法について
サイト内検索(by Google)
TOPICS
面接で心掛ける作法について

面接で体裁を不要とする場合について

求人者が、自らの事業のために人を募集して応募して来た求職者に対して行う選考で最も重要視されている面接において、好印象を与える求職者はほぼ例外なくフォーマルな体裁であるとされています。正社員の面接だけでなく、パート及びアルバイトであっても比較的フォーマルな体裁が好まれるとされています。フォーマルな体裁の求職者は、間違いなく礼儀正しくてビジネスマナーを弁えている人と求人者だけでなくて求人者以外の第三者からもみなされることになります。また、礼儀正しくて作法が上手であると尚更となります。

求人募集に対して、選考会場においては多くの求職者がフォーマルな体裁で臨むことになります。体裁に関しては、履歴書に貼り付けする写真についても同様のことが言えます。履歴書に貼り付けする写真は、基本的にカラー写真となっています。スーツ姿が好印象となり、ネクタイを付ける際にも気を配ることになります。ネクタイの色についてですが、背景が青緑若しくはターコイズブルーである場合は赤色が好まれることになります。赤は、情熱、元気溌剌を意味する色彩で求人者に熱意をアピールする効果が期待されています。背景色がグレーの場合、ネクタイの色はコントラスト感が適度に感じられる青系の色彩が適しています。グレーの場合、落ち着いた印象をアクセント的に表現するためには沈静を意味する寒色の代表的色彩である青が好まれることになります。

フォーマルな体裁については、求人者に熱意をアピールする上で必須ともされています。ただ、例外的に比較的カジュアルな体裁であっても面接を受けることが出来るとされています。比較的カジュアルな服装というと、黒の革靴に紺色若しくは黒のズボンで自然な感じの物、紺のスーツに白のTシャツとなるでしょう。フォーマルなスーツでなくても構わない場合としては、基本的に作業系のアルバイトや短期の求人案件のときが該当します。また、面接で即戦力を求めるという旨の案件であれば、求人者としては人手不足を解消したいので体裁はあまり気にしないことがあります。ただ、その場合であってもカジュアルな印象の人でもある程度は気配りをすることがあります。人手不足な企業や、短期の求人案件、作業系の仕事についてはカジュアルでも構わない傾向が強いとされており、選考に時間が掛かる求人案件についてはフォーマルが無難となります。

Copyright 2017 面接で心掛ける作法について All Rights Reserved.