面接では視線をどこに持って行くのかということは非常に大切なことです。

面接で心掛ける作法について
サイト内検索(by Google)
TOPICS
面接で心掛ける作法について

視線は面接において相手に与える印象に大きく影響します

面接では視線をどこに持って行くのかということは非常に大切なことです。人と話をする時は、相手の目を見て話をするということや、話を聞くときには話している人の目を見るということは、人としての大切なマナーになりますが、面接を受ける場合に於いても同様に大切になることです。

相手の目を見るといっても終始凝視し続けなければいけないという訳ではありません。逆に、答えを考えている時まで凝視し続けていると、不自然な感じになりますので、話している時や相手の話を聞いている時以外は適度の目線を外すということも自然な振る舞いとして出来るようにしておくことが大切です。相手の目を見る事で極端に緊張感が高まってしまうなどの理由で、目を見る事が苦手な人は、少し目線をずらすことで楽になる場合があります。例えば、相手の目を見るのではなく、眉間のあたりにずらすということです。そうすることで目を見ているということから来る緊張感を感じること無く、相手にはしっかりと目を見ているという印象を与えることが出来ます。中には、じっと見続けていると睨んでいるという印象を持たれるのではないかという不安を持つ人もいるようですが、視線を送るだけで睨んでいるという印象を持たれる心配はありません。

Copyright 2017 面接で心掛ける作法について All Rights Reserved.