面接において受け答えをする場合は、その時の声の大きさにも配慮しておく事が大切です。

面接で心掛ける作法について
サイト内検索(by Google)
TOPICS
面接で心掛ける作法について

面接では返答する際の声の大きさも配慮するべきことの一つです

面接において受け答えをする場合は、その時の声の大きさにも配慮しておく事が大切です。質問されたことに対して返答をする場合は、その内容が相手に伝わらなければ何の意味もありませんので、しっかりと伝わる声の大きさで返答することが大切なことになります。

声の大きさは小さすぎて聞こえない場合や、聞こえ辛い場合にだけ問題になるわけではありません。必要以上に大きな声で話すことも印象を悪くする場合があります。少し大袈裟な例えになりますが、高校野球の選手宣誓のような話し方をすることは、元気の良い人であることや体育会出身者であることのアピールになることもありますが、総じていえば控えるべきです。少なくとも何らかの意図を持っている時以外は避けるべきと言えます。適度な大きさとはどのくらいの大きさなのかについては非常に難しい面もありますが、大切なことは誰かに聞いてもらうことです。面接会場と同じくらいの静寂の中で話してみて、それを聞いた人が聞き取れなかったということが無ければ、また、大きすぎて不自然だったということが無ければ問題ありません。現場では緊張してしまい調整ができないかもしれないと思う人は、少し大きめでも問題ありませんので、小さくなり過ぎないことに注意をすることが大切です。

Copyright 2017 面接で心掛ける作法について All Rights Reserved.