面接を受ける機会は人生の中で誰もが少なくとも一度や二度は経験されるのではないでしょうか。

面接で心掛ける作法について
サイト内検索(by Google)
TOPICS
面接で心掛ける作法について

入学や入社試験時の面接の種類

面接を受ける機会は人生の中で誰もが少なくとも一度や二度は経験されるのではないでしょうか。高校や大学での入学試験の際、あるいはパートやアルバイト、企業へ就職する際の採用試験など、あらゆる場面で面接を経験する機会は多くあります。

面接と言ってもその種類はいくつかあり、大きく分けると個人面接と集団面接があります。どちらのパターンで面接が行われるかは、その学校や企業の採用方法であったり、受験者の人数によってもパターンは変わります。一般的には、有名な学校や大企業などの受験者の人数が多い場所では、集団面接が行われます。面接官が受験者一人一人に質問する面接もあれば、一度に集めた数名の受験者同士で、面接官から与えられたテーマで議論を行い、結論を発表するグループディスカッションがあります。

個人面接は、パートやアルバイトの採用試験の際に多く行われます。また、企業の入社試験でも二次選考以降で多く行われます。また、企業の入社試験では選考の段階が進むにつれて、担当する面接官やその人数が変わって行き、最終的には役員が面接を担当する役員面接や社長が行う社長面接があります。また、これら以外にもその学校や企業によって独自の面接がありますが、基本の種類をしっかりと理解した上で面接に臨みましょう。

Copyright 2017 面接で心掛ける作法について All Rights Reserved.