どのような服装で面接を受けるのかということは、面接を受ける際に考えなければいけないことの一つです。

面接で心掛ける作法について
サイト内検索(by Google)
TOPICS
面接で心掛ける作法について

面接で個性を主張するために大切なことは服装ではありません

どのような服装で面接を受けるのかということは、面接を受ける際に考えなければいけないことの一つです。多くの企業の面接ではリクルートスーツと言われるものを着用して受けることが一般的ですが、それでは周囲の人と全く同じになってしまい面接担当者の印象に残ることはありません。そこで何か良い方法はないものかと考える人もいます。

しかし、結論としては、周囲の人と同じになっても、印象に残らなくても、リクルートスーツを着用していくべきです。もちろん、企業側からリクルートスーツ以外を指定されている場合や、リクルートスーツ以外で面接を受けることが慣例になっている企業の場合は除きます。しかし、それ以外の一般的な企業の場合はリクルートスーツを着用するべきです。個性を主張することも、自己アピールをすることも出来ませんが、服装でそれらを表現する必要はありません。服装は清潔であることが何よりも大切で、着ているものが周囲と同じものであることは、そういった暗黙のルールをしっかりと守れる人間であることを表現することに繋がります。服装で出せる程度の個性なら、企業が求めている個性とは言えないことが多いです。個性的な服を着ていても、それを着ている人が個性的とは言えないからです。

Copyright 2017 面接で心掛ける作法について All Rights Reserved.